やせっぽち寄稿文

主に邦楽関連の記事を扱っております。

f:id:zz-1:20190814032053p:image

【Official髭男dism/ビンテージ】歌詞の意味を考察 ”傷さえ愛しいというキセキ”なんて美しすぎません…?


アルバム「Traveler」収録、Official髭男dism「ビンテージ」

FODで配信中のバラエティ「あいのり: African Journey」の主題歌で、YouTubeではMVも公開中。


Official髭男dism - ビンテージ[Official Video] Official髭男dism より

 

始まったばかりの恋を歌った曲。そうまとめてしまえば簡単だけれども、そうまとめたくないくらい、めちゃくちゃ歌詞が美しい楽曲です。笑っちゃうくらい素敵。

ラブソングなんだけれども、ラブソング特有の甘ったるさみたいなのが全くなくて、ずっと味わいたくなるような歌詞なんです。

 

ここではその歌詞に注目して、楽曲を紐解いていければと思います。

歌詞解釈というより歌詞を称賛する記事になってしまっているかも…

 

歌詞解釈

この曲の歌詞の一つの特徴としては、小難しい言葉なんて全く出てこないところ。誰にでも受け入れてもらえるようなポップさを有していながら、非常に深みのある歌詞が成立しているんです。

 

1番

口喧嘩なんかしたくもないから
細心の注意を払って生きてた
率先して自分のことをけなすのは
楽だけど虚しくて

ビンテージ 作詞 藤原聡

 Aメロは過去の自分の回想からスタート。

これまでの主人公は、自分を率先してけなしてでも、誰かと衝突することを恐れて生きてきました。傷つくことのない、楽な生き方。でも本当の自分はずっと押し殺したままの虚しい生き方です。

具体的な出来事から入って聴き手の想像を助けるあたり、髭男のポップを追及する姿勢が見て取れます。

 

 

悲しい過去なんか1つもないのが
理想的だって価値観を持ってた
そんな僕は君という人に会えて
大事なことに気付かされた 

ビンテージ 作詞 藤原聡

悲しい過去なんてないのが理想だと思って生きてきた主人公。しかし君に大事なことに気づかされます。

ここまでの歌詞はすべて、次のBメロへの丁寧な布石なんですよね。

抽象的な言葉でまとめてしまえばきっと3行くらいにまとめられたはずの内容なんですが、彼らはそこにAメロすべてを費やしています。全ては聴き手をBメロに惹き付けるため。ここまでがあるからこそ、君に出会ってから僕に起きた変化が鮮明に浮かび上がってくるんです。

 

 

キレイとは傷跡がないことじゃない
傷さえ愛しいというキセキだ

ビンテージ 作詞 藤原聡

この歌詞なんかもうめちゃくちゃ美しくないですか。

恋をしていなかった自分は悲しい出来事が無い状態が”キレイ”だと思ってたけれど、そうではないと。「傷つきたくない」なんてちっぽけな価値観がどうでもよく思えるくらい、傷すら愛せる恋という奇跡のほうがずっとずっと美しいものだったんです。

恋をすれば見える世界が変わる、なんて言いますが、まさにそれを見事に表現しているというか。

なんだか恋っていいなって心から思えるような、なるほど恋ってそういうことかって思えるような、本当に素晴らしい歌詞。

 

 

酸いも甘いもって言えるほど
何も僕ら始まっちゃないけれど
褪せた思い出もビンテージなんて言って
振り返る度に笑えるようにと
大切に日々を重ねよう かけがえのない今を 

ビンテージ 作詞 藤原聡

 まだ何も始まっちゃいない僕ら。だけどこの今が思い出になった時、ビンテージだったと笑えるように。あの日の思い出が僕たちを成熟させてくれたんだ、と笑えるくらいに、大切に今を過ごそう。

恋をして変わった主人公にとって、悲しまぬように自分をけなしながら日々を送ることはもう大切ではないんです。傷さえも愛しながら、君とかけがえのない今を過ごすことの方がずっと大切なんです。君と出会って、初めてそう思えるようになったんです。

 

恋っていいな…って心底思える歌詞。ずっと聴いていられそうなほど、聴き心地がいい歌詞です。

 

 

 

2番

好きな色なんか特段ないけど
人生が絵画だったならどうだろう?
君との時間を重ねることでしか
出せない色がきっと好きだ

喜怒哀楽そしてその間にきらめく想いを抱きしめて

ビンテージ 作詞 藤原聡

 ここではすっかり考え方が変わった主人公の姿が描かれています。

君と過ごす時間がかけがえのないものだから、その積み重ねの中で出来上がる色がきっと好きなんだ、と。もうそれが何色だろうとどうだっていいんです。

喜怒哀楽はもちろん、その間の時間も大切に君と過ごしていたいんです。

 

人生を突然絵画に例えて、「君との時間を重ねることでしか出せない色がきっと好きだ」なんて突然言ってしまうのは、この歌詞だけ切り取ればちょっと痛いような感じもします。

だけど主人公は君との出会いを通じて、心からそう言葉にすることができるようになったんです。そう思うと、むしろめちゃくちゃカッコいいというかなんというか。

不思議とこの付き合いたてのカップルに嫉妬する気も起きないというか、なんの胃もたれもなく、純粋に美しい表現だなと思えるんですよね…

 

 

 

シワくちゃだったり やけに錆びついたり
剥がれてしまった記憶があったとしても
何一つ隠し繕うこともなく
それさえ愛しいというキセキだ

ビンテージ 作詞 藤原聡

 昔の自分が嫌っていたような醜い記憶があったとしても、隠すことすらせず、それすら愛しいって思えるこの奇跡。これこそが主人公にとって最も美しいことだったんです。

恋をするってきっとそういうことなんです。

 

 

(中略)

そして増えた思い出がいつか星の数ほどに
溢れることがただ嬉しいから
今の心を歪まないように
例える言葉を 探してみるよ 連なってく日々の中を

君と重ねる今を 

ビンテージ 作詞 藤原聡

 今はただ、君と過ごした思い出が増えていくことがうれしいから。この奇跡みたいな出来事がただただ美しいから。主人公はこの幸せな”今”を例える言葉を探しています。

君と出会う前の主人公なら、今の心を言葉にするときに歪めてしまっていたかもしれません。傷跡が付かないように、細心の注意を払って。

だけど、もうそんなことする必要などないんです。傷つくことなんかどうだっていい。それさえも愛しいと思えるのですから。

ただ、まっすぐに”今”を例える言葉を彼は探しているのです。

 

 

感想・まとめ

始まったばかりの恋を歌ったラブソング。そうまとめてしまえば簡単だけれども、この曲はそんな言葉でまとめたくないくらい、めちゃくちゃ歌詞が美しい楽曲です。


歌詞には難しい哲学的な言葉なんて一つも出てきません。どこまでもポップで、語弊を恐れずに言えば平易な歌詞です。なのにとてつもなく美しい。身近に感じられる美しさ。

 「キレイとは傷跡がないことじゃない 傷さえ愛しいという奇跡だ」なんて、鳥肌が立つくらい綺麗な歌詞ですよね。恋ってそういうものなのかなって納得できてしまうし、恋っていいなって心から思えてきます。恋の価値を歌った曲なんてそこらじゅうに転がっているけれど、これだけ美しい歌詞を見せられたら、完全降伏でこの曲の前に屈するしかありません。

 

 付き合い始めたカップルを歌ったラブソングはだいたい、直視できないくらいに眩しくて、大げさなくらいに甘いものです。だいたい主人公は、周りの目なんか気にすることなく手を繋いで、どこかの街角でキスをしたりして。青春真っ盛りな曲ばかり。

 
この曲もそんなラブソングと同じように、羨ましくなるくらいに甘い曲です。でも決して胃もたれするような甘さじゃない。それこそビンテージのワインのように、ずっと酔いしれていたくなるような心地よい甘さなのです。

ラブソングなのに、ただただ美しいと心から思える楽曲。

Official髭男dism「ビンテージ」。ずっと見守ってあげたいと思えるような恋の歌です。

 

ビンテージ

ビンテージ

  • Official髭男dism
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 ご意見・ご感想はお気軽にコメントください。

 

f:id:zz-1:20190814211901p:plain
f:id:zz-1:20190814212429p:plain
おすすめ記事一覧

【天気の子】主題歌の考察まとめ

【Official髭男dism/ビンテージ】美しすぎる歌詞を考察

【King Gnu/傘】頼りない自分へ歌う新時代の失恋ソング。

ブロガー向けの記事はこちら


新着記事