やせっぽち寄稿文

主に邦楽関連の記事を扱っております。

f:id:zz-1:20190814032053p:image

【解説】ポケモンHOMEが配信開始!有料版は買い? 機能を徹底解説


2020年2月10日、クラウドサービス『Pokémon HOME』の配信が開始されました!
「すべてのポケモンが集う場所」をコンセプトに、ポケットモンスターシリーズのすべてのポケモンを集めたり交換したりできる新サービス。
一体どんな機能があるの? 有料版にするメリットは?
この記事ではそんな疑問にお答えするべく、『Pokémon Home』について詳しく解説していきます。

Pokémon HOME で出来ること

『Pokémon Home』はNintendo Switchとスマートフォンを対象として配信されており、それぞれ使える機能が異なっています。両方を無料でインストールし、それぞれに同じニンテンドーアカウントでログインすることで全ての機能を利用することが可能です。

ポケモンを連れて来る

『Pokémon Home』を使うことで、『Let's go ピカチュウ・イーブイ』や前作『ポケットモンスター サン・ムーン』『ウルトラサン ・ウルトラムーン』、『XY』『オメガルビー・アルファサファイア』からポケモンを連れてくることができます。
サービス『ポケモンバンク』からデータをお引越しする形です。

既存の方法で『ルビー サファイア』『ダイヤモンドパール』などから新作にポケモンを連れてこれるので、これにて『ルビーサファイア』以降のすべての作品で捕まえたポケモンが一同に集結することとなりました!

『Pokémon Home』公式サイトより

クラウド上に預けられたポケモンはスマートフォンアプリからも確認が可能。
少年時代を共に過ごしたポケモンがスマホの中に…!なんて感動的なこともできちゃいます!
『Let's go ピカチュウ・イーブイ』を経由すれば『Pokémon GO』からも連れてくることができますし、今後の更新で『Pokémon GO』から直接連れて来れるようにもなるとのこと。
連れて来る方法については公式サイトやゲーム内のチュートリアルをご参照ください。

 

『ソード・シールド』に連れて来る

預けるだけではなく、『Pokémon Home』上のポケモンを『ソード・シールド』に連れてくることもできます。
ただし、現在『ソード・シールド』でまだ登場していないポケモンは基本的に連れて来ることができないので注意が必要。今後のアップデートでより多くのポケモンが登場する予定なので期待して待ちましょう。
『ソード・シールド』以外の作品から預けたポケモンは元の作品に戻せないので要注意です。

 

ポケモンを交換する

f:id:zz-1:20200212182412j:image

今までポケモンはゲーム上で交換するのが当たり前でしたが、『Pokémon Home』ではなんとスマートフォンでポケモン交換ができちゃいます。
フレンドとの交換は勿論のこと、GTS機能やミラクルボックス機能で世界中の誰とでも気軽に交換が可能。
もはやLINEメッセージくらいのノリで、友達とポケモンを送り合える時代がやってきました!

 

全国図鑑に登録する

『Pokémon Home』公式サイトより

コレクション要素として、『Pokémon Home』にはポケモン全国図鑑が登場します。
『Pokémon Home』上にポケモンを預けることで登録完了。最近のポケモンの図鑑は地域ごとのもので全国図鑑が無かったので、コレクターにとってはとってもありがたい機能ですね。

 

ふしぎなおくりものを受け取る

これまでのポケモンでも『セブンイレブンで伝説のポケモンをプレゼント!』みたいなキャンペーンがたびたび開催されていましたが、どうやら今後はスマホアプリ版『Pokémon Home』を通じて受け取りができるようになるみたいです。ますますポケモンが身近な存在になってきました。

 

その他の機能

「じっせき」という機能が用意されており、条件を満たすとシールを獲得できます。手に入れたシールはマイページのカスタマイズに使用可能。いわゆるお楽しみ要素です。
また、現在は準備中ですが『ソード・シールド』のランクバトルの情報もスマホ版『Pokémon Home』にて確認できるようになるそうです。

さらにポケモン対戦勢には耳寄りな情報ですが、『ボックスごとポケモンを逃がす』機能があるので孵化余りの処理に困ることはもうないでしょう。

 

有料版と無料版の違い

有料版と無料版では各機能で少しずつ差がありますが、主な違いは以下の2つです。

1.預けられるポケモンの数

『Pokémon Home』に預けることができるポケモンの数には大きな差があり、無料版では30匹、有料版では6000匹までとなっています。
『Pokémon Home』をスマホでポケモン交換するためのアプリと捉えるなら30匹預けられれば十分だと思いますが、コレクションを楽しみたい方、膨大な数の孵化余りを背負う対戦勢は有料版に加入したいところですね。

2.ポケモンバンクからのお引越し

無料版『Pokémon Home』では、過去の作品からポケモンを連れてくることができません。ポケモンを連れて来る目的で『Pokémon Home』を利用される方には有料版は必須と言えます。

 

有料版は加入するべき?

『Pokémon Home』有料版(プレミアムプラン)の価格は以下の通り。

f:id:zz-1:20200212173738p:plain

『Pokémon Home』公式サイトより

勿論用途にもよりますが、「ポケモンのストーリーをエンジョイしてる」くらいの方であればプレミアムプランに加入する必要は無いと思います。ボックスの容量はソフト内の32ボックス(960匹)で十分ですし、スマホで交換したいポケモンを預けるだけなら無料版の30匹で事足ります。
「過去作からポケモンを送りたい」なんて場合も1ヶ月だけ有料版にしちゃえば最小限の出費で済みますね。

ポケモンをやり込んでいる方で32ボックスでは足りない方や、今後も過去作からポケモンを移動させる予定がある方はプレミアムプラン1年契約がいいと思います。
ちなみに私もボックスに余裕が無いので1年契約です。

まとめ

ポケモンがさらに身近で便利なものになる新サービス『Pokémon Home』
機能を最大限活用して、さらにポケモンを楽しみましょう!

 

f:id:zz-1:20190814211901p:plain
f:id:zz-1:20190814212429p:plain
おすすめ記事一覧

【天気の子】主題歌の考察まとめ

【King Gnu/Teenager Forever】最高にイタくてカッコいい最新曲

【乃木坂46/シンクロニシティ】レコ大受賞の名曲を考察

ブロガー向けの記事はこちら


新着記事