やせっぽち寄稿文

主に邦楽関連の記事を扱っております。

f:id:zz-1:20190814032053p:image

【indigo la End / 夏夜のマジック】歌詞考察! 夏が終わるたびに、僕らはきっとこの歌を思い出す。


 

 

 indigo la End 「夏夜のマジック」

2015年6月発売のシングル「悲しくなる前に」収録曲で、今もなお愛され続ける儚い恋の歌だ。

一収録曲にもかかわらずその人気は凄まじく、発売から4年を経た今、LINE MUSICのランキングで7位に現れたというのだから驚きである。

 

夏夜のマジック ランキング

 

 

美しすぎる”儚さ”

この曲が多くの人の心を揺さぶるその理由は、"夏の終わり" というほんの1コマを、美しく切り取った楽曲だからである。ほんのひと刹那で、この曲は完結してしまうのだ。

きっと毎晩聴き続ければ、この曲の良さは失われてしまうだろう。そのくらい繊細で、儚くて、実体のない美しさがこの曲には宿っている。

儚いものは美しい。

それは線香花火が美しいように。夏の終わりの一日だけを、一夜だけを切り取ったこの歌が、美しくないはずがないのだ。

 

 

 

今日だけは夏の夜のマジックで
今夜だけのマジックで
歌わせて
今なら君のことがわかるような気がする
夏の夜限りのマジックで
今夜限りのマジックで
身を任す
夜明けが流れるまで

夏夜のマジック 作詞 川谷絵音

もうとっくに終わった恋だけど、今だけは君のことを歌わせてほしい。

今日だけは。今夜だけは。

この刹那性が私たちを揺れ動かすのだ。

この夏の終わりの、まだ夏の匂いが辛うじて残っているこの夜だけは、あの夏の恋を思い出してもいいじゃないか。今夜限りのマジックに、身を任せてみてもいいんじゃないか。と。

 

 

夏が終わる前に
この歌が始まって
こぼれる2人を見守るから
夏よ
ラララ歌わせて
ナツヨ
ラララ歌わせて 

夏夜のマジック 作詞 川谷絵音

 夏から零れ落ちた二人を見守るだけの歌。

何をしてくれるでもない。ただ、あの日の二人をそっと見守るだけ。

夏が終わるたび、この歌を口ずさむ。

そして心が締め付けられる。

 

 

 

何かを駆り立てるわけでもなく、ただ美しい旋律を奏でるピアノがまた美しい。

哀愁漂うレトロな編曲も、indigo la End特有の女性コーラスも、すべてが切なげで心揺さぶられる。そして、すべてが儚い。

 

 

 

”作詞 川谷絵音” と聞くと、それだけで曲を毛嫌いする人が未だにいる。

でも、黙って曲を聴いてみてほしい。

川谷絵音がどうとかもうどうだっていいのだ。この曲が誰を想って作られたかだとか、そんなちんけな考察なんて必要ない。

ただ、この曲の持つ美しさを感じ取ってほしい。

 

 

 

きっと来年の夏も、大切な人との恋を思い出すだろう。

そしてきっとまた、この歌を口ずさむ。

 

 

 

 夏夜のマジックは各種ストリーミングサービスで試聴可能である。この機会に是非。

夏夜のマジック

夏夜のマジック

  • indigo la End
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

おすすめ記事はこちら

 

ご意見・ご感想はお気軽にコメントください。

 

f:id:zz-1:20190814211901p:plain
f:id:zz-1:20190814212429p:plain
おすすめ記事一覧

【天気の子】主題歌の考察まとめ

【Official髭男dism/ビンテージ】美しすぎる歌詞を考察

【King Gnu/傘】頼りない自分へ歌う新時代の失恋ソング。

ブロガー向けの記事はこちら


新着記事