やせっぽち寄稿文

主に邦楽関連の記事を扱っております。

f:id:zz-1:20190814032053p:image

【剣盾S1 最終347位】剣盾移植版ブラマンダ構築


新年明けましておめでとうございます🎉

どうも骨助(TNひっしー)です。

剣盾S1お疲れ様でした!

このブログを開いた時点でお分かりいただけたかと思いますが、『やせっぽち寄稿文』は完全な音楽系のブログ。正直ここにポケモンの記事をぶち込むのは不本意ですが、せっかく元旦からランクマに潜りまくったので記録を残させていただきたいと思います。m(_ _)m

初構築記事なので色々と至らない点があるのはご愛嬌。以下常体。

f:id:zz-1:20200101155358j:image

f:id:zz-1:20200101155415j:image

画像撮り忘れたけど Win 98 - Lose 53。

最高346位、最終347位。

 

 

【構築コンセプト】

前作のブラマンダ軸の移植。

 

構築経緯

好きなブラッキーを使いたかったのでとりあえず採用。

前作のブラマンダ軸(ブラッキーで荒らしてマンダで詰める)と同じ感覚で使いたかったので、『起点作り+ブラッキー+メガ枠』という前作の基本選出に則い以下のようにポケモンを採用した。

【起点作り枠】

ミミッキュ ストリンダー 

【ブラッキー】

ブラッキー

【ダイマックス枠(メガ枠)】

トゲキッス(マンダ枠) ミロカロス

 

そして今作のミミッキュはブラッキーで誤魔化せない型が殆どなので、補完気味な枠としてドリュウズを採用した。

 

個体解説

ブラッキー

f:id:zz-1:20200110200802j:image

しんゆうのブラッキー。選出率1位。

今作のブラッキーは本当に強く、適当に投げても仕事してくれるので絶大な信頼を置いていた。環境にブラッキーを潰せるポケモンがほとんどいないのが非常に大きい。選出率は驚異の99%。

今作はいかにダイマックスの3ターンを活かせるかが重要なので、相手のダイマックスを欠伸や願い事+まもるで枯らす立ち回りがかなり強力だった。基本は回復を挟みつつ欠伸で対面操作する。イカサマの通りも割と良好。

ラム持ちにはゲームプランを崩されるので常に警戒する必要がある。特にキッス。

対ギャラがきつくなるので特性は精神力でいいと思う。

 

ミロカロス

f:id:zz-1:20200101162924j:image

今構築のヒロイン。ダイマ枠。めっちゃお気に入り。体感選出率4位。12振りロトムまで抜ける調整。

キッスやリザ、サザンなどのブラッキーを起点にしてくるダイマックス特殊ポケに対する回答。突撃チョッキにより特殊多めなパーティにかなり強く出れた。

その硬さは尋常じゃなく、サンパワー珠リザの大草原をダイマ切らずに耐える。キッスのダイジェットなど言うまでもない。

上述のポケモンに対して後出しからダイマを切って切り返していく。唯一、わるだくみ詰んだキッスはちょっと部が悪いので積まれない立ち回りが必要になる。

ダイマ後の雨ダイストリームの火力は馬鹿にならず、純粋なエースとしても機能する。《ミロカロス=物理受け》というイメージも強く、攻撃技をあまり警戒されないのもありがたい。

特性:勝気により、マジカルフレイムやダイアーク等でCが上がっていくのも評価ポイント。やろうと思えばアーマーガアにダイドラグーンを打つことで擬似わるだくみもできる(普通にダイストリームで雨降らした方がいい場合が多い)。

かなり環境に刺さっており、もっと評価されるべきポケモンだと感じた。

 

トゲキッス 

f:id:zz-1:20200101164518j:image

説明するまでもないH振りキッス。ダイマ枠。体感選出率3位。積み技持ち高耐久の飛行ATということで、完全に前作のメガマンダのノリで使っていた。

画像は@弱点保険となっているが、結局ラムの実に変更した。もはや警戒されて弱点技を撃たれないので、対ブラッキーやカバでわるだくみ積んでイージーウィンを狙えるラムの方が多分強い。

ブラッキーの欠伸で適当に対面操作して、有利対面でわるだくみ積んでダイマ切れば勝てる最強ポケモン。

 

ストリンダー 

f:id:zz-1:20200101170618j:image

かみなりにさわぐストリンダー 。野生産しるし個体で、起点作り&対受けル枠。

調整はネットから引っ張ってきたやつで、Sは麻痺ドラパ抜き、C,Hは効率いい振り方(語彙力)

野球でいうところの左のワンポイント的な役割で、ほんとにここぞという相手にだけ選出していた。選出率は6位だが、選出した試合はベーシストのようにいぶし銀の活躍を見せてくれる。

主な役割は、パーティで非常に重い耐久水を含むサイクルに毒を撒くこと。今作は毒々を習得できるだけで貴重である。

ナット以外の耐久ポケには非常に強く、ドヒドイデやアーマーガアには高火力電気技が刺さり、後ろから出てくるヌオーやトリトドンには毒を撒ける。あと麻痺を撒くことでキッスの起点も作れる。

ナットならともかく対ドリュにはやることが何もないので、ドリュ入りには投げないのがポイント。

 

ドリュウズ

f:id:zz-1:20200110200821j:image

補完気味な枠。ただのスカーフドリュウズ。ミミッキュ、キッス、ニンフみたいなのが2体以上並んでた時に投げるイメージ。体感選出率5位。

抜き性能より対ミミッキュを意識したのでSを削ってBに回したが、正直B振りを実感する機会は少なかったのでASぶっぱでいいと思う。

相手を選ばずついつい選出したくなるが、極力出さないほうが勝率がよくなった。

 

ミミッキュ

f:id:zz-1:20200101171129j:image

Bは不一致イカサマを身代わり確定耐え。残りD。体感選出率2位。

起点作り(荒らし)枠。初期は鬼火ドラパを使っていたが、荒らし性能はこちらが上手だった。初手から投げて、のろみがで相手のパーティーを荒らし散らかしにいく。まだミミッキュの型開発が進んでいない現環境ではやりたい放題の最強ポケモン。

受け出ししてくる自慢の耐久ポケをのろみがで潰し、呪い解除で引いたところを痛みわけで削って相手のゲームプランをぶち壊していく。正直使っていてズルだと思った。ドリュにも鬼火を打っておけばブラッキーで安心して処理できる。

何気に相当選出したのに1回も鬼火を外していない自覚の塊。

 

 

選出・立ち回り

基本的には、【荒らし枠】+【ブラッキー】+【ダイマ枠】。フェアリーが重かったら荒らし枠を切ってドリュウズを投げる。

ダイマ枠≒メガ進化という古風な考え方で戦っていた。

立ち回りとしては荒らし枠とブラッキーで敵パーティーをひっかきまわし、キッスやミロカロスのダイマックスで試合を決めに行く感じ。対面で処理するというよりはサイクルを回してチャンスを伺うタイプのパーティだった。

 

あとがたり

最終日までは2000位〜5000位あたりでウロウロしてたんですが、最終日深夜4時〜9時で勝率8割とかで突き進んで3桁到達できました!

自分でもありえないくらい頭が切れていたのでこれが人生最高順位かも…笑

新年早々頑張った甲斐がありました、今年はいい一年を送れそうです!

それではみなさん、良いお年を!!

 

もしよかったら本職の、音楽関係の記事も読んでいっていただければ幸いです^^

 

f:id:zz-1:20190814211901p:plain
f:id:zz-1:20190814212429p:plain
おすすめ記事一覧

【天気の子】主題歌の考察まとめ

【King Gnu/Teenager Forever】最高にイタくてカッコいい最新曲

【乃木坂46/シンクロニシティ】レコ大受賞の名曲を考察

ブロガー向けの記事はこちら


新着記事