やせっぽち寄稿文

主に邦楽関連の記事を扱っております。

やせっぽち寄稿文

【歌詞解釈】RADWIMPS/グランドエスケープ 解放感あふれる「天気の子」主題歌を考察!


RADWIMPS.feat 三浦透子 「グランドエスケープ」。

「グランドエスケープ」は直訳すると「大いなる逃避行」。運命のその向こうへ。解放感あふれるエネルギッシュな歌詞が魅力的な1曲です。

新海誠監督の映画「天気の子」の主題歌。

自身の声ではなく女声が欲しいというRADWIMPS. 野田洋次郎さんの要望で、オーディションの末に女優の三浦透子さんをゲストボーカルとして迎え製作されました。

 

現在、「天気の子」予告映像の中で楽曲の一部が公開されています。

youtu.be

 

 

歌詞解釈

歌詞の特徴は、その圧倒的な解放感です。

 

空飛ぶ羽根と引き換えに 繋ぎ合う手を選んだ僕ら
それでも空に魅せられて 夢を重ねるのは罪か?

グランドエスケープ 作詞 野田洋次郎

人間は個人の自由と引き換えに、社会で生きることを選んだ。それでもなお夢を追いかける僕らは罪なのか。

「空」はよく自由の象徴として描かれます。

人として生きるなら、社会に付き従うのが定めというものです。それでも夢を追いかけようとするのはいけないことなのか。

どことなく窮屈で不自由な世界が描かれています。

 

 

夏は秋の背中を見て その顔を思い浮かべる
憧れなのか、恋なのか 叶わぬと知っていながら

叶わぬことと知りながら、夏は秋に思いを馳せる。

夏はどれだけ秋に恋い焦がれようと、秋の顔を拝むことはできません。夏が終わらなければ秋は来ないから。それは変わることのない運命です。

しかし夏は、叶わないとわかっていても秋を想う。

同じように、「僕ら」も届かないと知りながら夢を追いかけます。

 

 

重力が眠りにつく 1000年に一度の今日

太陽の死角に立ち 僕らこの星を出よう

グランドエスケープ 作詞 野田洋次郎

 何にも邪魔されることのない今日、はるか彼方へ飛び出そう。

ちょっとネガティブな歌詞から解き放たれ、一気に前向きな詩へと飛躍。

「重力」というものは私たちをこの星に縛り付けるもので、不自由のシンボルともいえる存在です。今日だけはそんな足枷を感じることなく、誰にも気にされずにここではない場所へ行こう。

そんな、物語、あるいは恋が始まった時の抑えられない高揚感が歌詞に表れています。

重力は眠ったりしないので、ここではその「君となら何でもできてしましそうな感じ」を、束縛を感じない、すなわち「重力が眠りにつく」と表しているのだと思います。

 

 

彼が眼を覚ました時に

連れ戻せない場所へ

「せーの」で大地を蹴って

ここではない星へ

行こう

グランドエスケープ 作詞 野田洋次郎

二度と不自由に捕らわれない、はるか遠くへ行こう。

「彼」が指すのは勿論「重力」何でもできちゃいそうな今のうちに、何にも捕らわれない現実離れしたどこかへ行ってしまおう!という非常に前向きな歌詞です。

重力の話をすると、重力に連れ戻されない場所というのははるか無限の彼方。そのくらい、はっちゃけたスケールの歌詞になっております。いかにも野田洋次郎さんらしい。

 

どことなく、言い回しや言ってる内容が「君の名は。」のOP「夢灯篭」っぽいですね。新海監督の最近の作品らしさみたいなのが表れてるのかな...なんて思えてきます。

 

 

もう少しで運命の向こう もう少しで文明の向こう

もう少しで運命の向こう もう少しで

グランドエスケープ 作詞 野田洋次郎

 運命のその向こうへ。

ここで、それとなく「重力」というものが「運命」という概念の比喩だったことがわかります。彼らは「運命」なんかに支配されない、もっと自由な場所を目指しているのです。まさに「グランドエスケープ」、「大いなる逃避行」ですね。

 

ここの歌詞もどことなく、前作「君の名は。」の「スパークル」の歌詞を彷彿とさせます。

 

 

夢に僕らで帆を張って 来るべきの日のために夜を越え

いざ期待だけ満タンで

あとはどうにかなるさと 肩を組んだ

グランドエスケープ 作詞 野田洋次郎

 来る未来のために、期待を胸にここまで突き進んできた。

未来はどうなるかわかりません。待ち受けるのは悲劇かもしれない。だけど、そんな日のために今は進んでるんだからきっとどうにかなるさ、と、どこまでも楽観的です。

 

 

 怖くないわけない でも止まんない

ピンチの先回りしたって 僕らじゃしょうがない

僕らの恋が言う 声が言う

「行け」と言う

グランドエスケープ 作詞 野田洋次郎

 怖がったって仕方がない。この恋が僕らを押し進める。

怖くないわけではないけれど、恋をして、運命を乗り越えようとする彼らにはそんなもの関係ありません。

止まらない彼らの衝動と、その先にある圧倒的な解放感。

究極にポジティブな、爽快な1曲です!

 

まとめ

この曲の最大の特徴は、その圧倒的な解放感です。

運命のその向こうへ。

運命の重力から逃れるように、前を向き進み続ける非常にポジティブな思いが込められています。

運命を超越した恋、という点では「君の名は。」の主題歌「スパークル」とも通ずる部分があり、新海誠監督の作品の世界観が反映されているようにも感じます。

恋の始まりの高揚感、止められない衝動が伝わってくるポップな楽曲です!

 

 おすすめ記事はこちら

www.slight-article.work