やせっぽち寄稿文

主に邦楽関連の記事を扱っております。

f:id:zz-1:20190814032053p:image

【特集】新元号「令和」ソングまとめ!今こそ聴きたい話題の音楽


4月1日に新元号「令和」が発表され、ミュージシャンたちはこぞって「令和」にまつわる楽曲を公開しています。今回は、これまでに発表された「令和」関連楽曲をピックアップしてみました! いうなれば今が旬の楽曲ですので、この機会にまとめて聴いてみては?

f:id:zz-1:20190425001726p:plain

 

レぺゼン地球『令和』


【レペゼン地球】61thシングル『令和』

DJ集団、レぺゼン地球で『令和』。

なんと元号発表後わずか10分で楽曲を公開。おそらく世界最速です…!笑

タイトルに「令和」って入れただけかと思いきや、歌詞にもMVのテロップにもばっちり「令和」の文字が刻まれています。早さへのとてつもない執念を感じます。

曲自体は、「平成」への思いをはせながらも「令和」の時代への意気込みを歌う応援ソング。誰もが懐かしさを感じられるような歌詞となっております。

「呼び方がただ変わるだけ 他は別に何も変わりはしない わかってる でもほんの少しだけ ほんの少しだけ 寂しく感じるだけ」 という歌詞になんともいえない哀愁を感じます。早さだけでなく、率直にいい曲です、、、

令和

令和

  • レペゼン地球
  • ロック
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 

 

ゴールデンボンバー『令和』

www.youtube.com

ヴィジュアル系エアーバンド、ゴールデンボンバーで『令和』。

新元号発表から楽曲公開までの過程はLINE LIVE等で生中継され、発表1時間後にはMV公開、さらには当日中に各音楽サービスでの楽曲配信開始と、その驚異的な速さで金爆の名を日本中に轟かせました。公開速度ではレぺゼン地球に一歩及びませんでしたが、サビに「令和」の歌詞を盛り込み、MVにも元号発表のパロディが登場するなどその仕事の早さには流石というほかありません。

曲はポップなダンスミュージックで、時代の流れに思いをはせる内容となっています。MVは公開後一か月足らずで700万再生を突破。「令和」界隈で注目度NO.1の楽曲です。

令和

令和

  • ゴールデンボンバー
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 

キュウソネコカミ『ギリ昭和 ~完全版~』

www.youtube.com

人気5人組バンド、キュウソネコカミで『ギリ昭和 ~完全版~』。

あまり注目されていませんが、こちらも新元号発表当日にMV公開というとてつもないスピードで製作されています。もちろん、歌詞には「令和」がばっちり登場。

実は2018年12月発売のアルバム「ギリ平成」に収録されていた楽曲なのですが、「歌詞に新元号を盛り込んで『ギリ昭和』を完成させたい」というメンバーの思いから、歌詞に「令和」を加えた『完全版』として新たに公開されました。

曲はタイトルの通り、『ギリ昭和』に生まれた彼らの苦悩と新時代に向けた思いを歌った彼ららしい楽曲。ギリ昭和世代じゃなくてもある程度は共感できると思います..笑

ギリ昭和 ~完全版~

ギリ昭和 ~完全版~

  • キュウソネコカミ
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 

 

GLAY 『元号』

www.youtube.com

GLAYで『元号』。こちらは4月25日公開。直接「令和」と歌うことはありませんが、同じく新時代へ向けた思い、平和への祈り、激励が歌詞に込められています。

こんなこと言うと少々語弊がありますが、ポップでエンターテインメント的な先述の3曲とは異なり、比較的社会的というかなんというか、メッセージ性の強い楽曲となっています。MVも昭和~平成のGLAYの軌跡が詰め込まれていて、なかなかエモい。この時期だからこそじっくり聴いておきたい一曲です!

元号

元号

  • GLAY
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 


 

新元号「令和」関連楽曲を4曲ご紹介しました。これらの楽曲を楽しんで、令和の時代も心機一転頑張りましょう!

 

おすすめ記事はこちら

 

f:id:zz-1:20190814211901p:plain
f:id:zz-1:20190814212429p:plain
おすすめ記事一覧

【天気の子】主題歌の考察まとめ

【Official髭男dism/ビンテージ】美しすぎる歌詞を考察

【King Gnu/傘】頼りない自分へ歌う新時代の失恋ソング。

ブロガー向けの記事はこちら


新着記事