やせっぽち寄稿文

主に邦楽関連の記事を扱っております。

やせっぽち寄稿文

【歌詞解釈】BUMP OF CHICKEN「流れ星の正体」歌詞の意味を考察!美しき「流れ星」の正体は?

BUMP OF CHICKEN「流れ星の正体」。作詞・藤原基央さんのまっすぐな思いが綴られた、とにかく優しい一曲です。毛布のように暖かくて、自然と優しい涙があふれてくるような、そんな曲。

歌詞解釈なんて無粋なものを書くのもためらわれますが、皆様にもぜひ歌詞をしっかり受け取って、「流れ星の正体」を噛みしめていただく機会になればと思い、僭越ながら個人的な解釈を書かせていただきます m(_ _)m

こんな記事もあります

www.slight-article.work

 

楽曲について

2017年1月に、BUMP OF CHICKENオフィシャルサイトにて限定公開されていた同曲。そこに2番が付け加えられた形で、2019年4月12日、ボーカル藤原基央さんの誕生日に再び音源が公開されました。現在ではYouTubeでも同曲のリリックビデオを閲覧することができます。

 

歌詞解釈

優しく、温かい歌声とメロディが心に響く同楽曲。歌詞もまた、彼らの思い・生きざまの詰まった素晴らしいものです。じっくりと、「流れ星の正体」を考えていきたいと思います。

誰かの胸の夜の空に 伝えたい気持ちが生まれたら
生まれた証の尾を引いて 伝えたい誰かの空へ向かう

BUMP OF CHICKEN 「流れ星の正体」 作詞 藤原基央

1番の冒頭。主語はおそらく藤原さん本人でしょう。

ここでひとつわかることは、彼が誰かにとっての流れ星である、ということ。音楽家として、作詞者として、誰かの心で輝けるように歌を歌う。その生き方を、心を夜の空と見立てて「流れ星」だと表現しています。なんとも美しい暗喩です。

いつも迷路 終わらないパレード 止まったら溺れる
ゴールなんてわからないままで いつまで どこまで

ここはまっすぐな心境吐露。ゴールなんてわからない。いつ終わるのかだって、どこまで続くかだってわからないけれど、立ち止まることなんてできない。そんな思いが語られています。このあとの歌詞へとつながる、不安な胸の内を明かした描写です。

時間と距離を飛び越えて 君のその手からここまで来た
紙に書かれた文字の言葉は 音を立てないで響く声
そうやって呼んでくれただろう 見上げればちゃんと聴こえたよ
僕の上にも届いたように 君の空まで届いてほしい
せめて君に見えるくらいには輝いてほしい
流れ星の正体を僕らは知っている

 1番のサビにあたる部分。歌声もメロディも歌詞もとにかく優しいです。

音楽を聴いてくれた人が、紙に書いて藤原さんへとよせた声。それは彼の胸の夜の空で確かに輝いていた。

ここで読み取れることは、私たちが彼にとっての流れ星である、ということ。同曲のテーマである「流れ星の正体」がだんだんと見えてきました。彼の空に流れ星が流れたように、彼も誰かの空で輝きたい。せめて君に見えるくらいに。

この「流れ星」という表現が、さきほどの歌詞の心境吐露や「せめて君に見えるくらいに」という言い回しを端的に表しているように感じます。太陽でも彗星でもなく、流れ星。自らを燃やして光輝いて、いつかは消えてしまうはかない存在です。いつまで、どこまで続くのかわからないけれど、せめて君に見えるくらいには輝いてほしい君の空までは届いてほしい。そんなまっすぐな思いが、この「流れ星」という言葉には込められているんじゃないかな…と。

そして「流れ星の正体を僕らは知っている」と締めくくって、言い切ってしまわないところがなんとも趣深くて粋だなあと感じます。それぞれに考える余地が与えられているし、あくまで「流れ星」という比喩のままで終えることで曲を現実から引き離し、聞く人を曲の世界にとどめてくれる。美しい歌詞だなあとつくづく感じます...

 続けます!

足元をよく見て階段一つずつ どれくらいざわついていても ひとり
肩を擦るように避けながら 世界に何億人いようとも ひとり
今日は何もない一日と言えば そこまでの毎日
増え続けて溢れそうな唄の欠片たちが 早く会いたがって騒ぐんだ
変わらないで変われなくて ずっと それでも続いている
ゴールなんて決められないだけで なんなら今でも

2番の前半部分です。ここなんかもとにかくまっすぐな歌詞。

「流れ星」としての生きるはかなさのようなものが歌われています。世界がどうあろうともみんな独りぼっちだし、意識しなければただ過ぎていくだけの毎日の中でも、誰かの空でなんとか輝きたいと願ってやまない。その手段が、藤原さんにとっては音楽なのだろうと思います。

「なんなら今でも」という歌詞が印象的。後に続く言葉はおそらく「もうゴールしている」だとか「消えてしまえる」だとかになってくるのではないでしょうか。もう「流れ星」として役割を果たせたのだと考えてしまおうと思えば、もう音楽をやめることもできる。でもどこがゴールかわからないし、変われないから、それでも彼らの音楽は続いていくのです。

君が未来に零す涙が 地球に吸い込まれて消える前に
ひとりにせずに掬えるように 旅立った唄 間に合うように

命の数と同じ量の一秒 君はどこにいる 聴こえるかい
君の空まで全ての力で 旅立った唄に気付いてほしい

どんなこともこんな熱も街にまぎれる
流れ星の正体を僕らは知っている

2番のサビ。「君が未来に零す涙が 地球に吸い込まれて消える前に」なんて表現美しすぎやしませんか…笑

「 地球に吸い込まれて消える前に」。「地球」という天文学的な世界観があるからこそ、「流れ星」という比喩が光り輝きます。君の涙が地球に落ちる前に、その涙を掬える唄を届けたい。「流れ星」を君の心に流したい。

「命の数と同じ量の一秒」もまた美しい。人はそれぞれ自分の世界、自分の空を抱えているから、当然そこを流れる「一秒」の意味もそれぞれ違うはずです。その数十億個の「一秒」の中で、君の空に届いた、君の「一秒」で輝いている流れ星に気づいてほしい。ひたすらにまっすぐな思いが歌われています。

「どんなこともこんな熱も街にまぎれる」。流れ星はどれだけ美しく光り輝いて熱を放とうと、大気圏で燃え尽きて最後には街の空気に溶け込みます。彼らの作る音楽も、彼にとっての私たちの声も、一瞬光輝いて次の瞬間には、それぞれの心という空に溶け込んでいきます。でも、どうかその一瞬の光に気づいてほしい。

誰かがなんとか自分に届けてくれた、刹那の光。

「流れ星の正体を僕らは知っている」。 愛にあふれた、心温まる一曲です!

 

おすすめ記事はこちら

www.slight-article.work