やせっぽち寄稿文

主に邦楽関連の記事を扱っております。

やせっぽち寄稿文

【歌詞解釈】King Gnu『白日』 感想と歌詞解釈!平成最後の傑作


2019年2月配信、King Gnu 「白日」。

土曜ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」の主題歌として書き下ろされ、Apple Musicランキングでは堂々の1位を獲得。平成最後のMステで披露されることも発表されています。一度聴いたら離れない印象的なメロディと、胸を締め付けるような珠玉の歌詞。もうとにかくかっこいい。

www.youtube.com

早速曲について解説していきます!

楽曲について

聴いたことがない方は、黙って聴いてみてほしいです。歌詞もメロディも、全部いい。

King Gnuは美しい高音を歌い上げる井口さんと、対照的に力強い歌声の常田さんのツインボーカルなのですが、この曲は特にその対比が美しい。

そして歌詞もまた、尖っているわけではなく純粋に「美しい」、と思えるようなまっすぐな歌詞。「生きることの罪」を歌った曲なのですが、全ての人間の心に寄り添えるような、それでいてこの上なく現実的な、形容しがたい美しさがあります。感覚としては「Lemon」に近いものがあるような。

 

私個人として、King Gnuの曲を一曲通して聴いたのはこの「白日」が初めてだったのですが、完全に心を射抜かれました。こんなメロディ聴いたことなかったし、それでいて歌詞もとてつもなく美しい。ボーカルの歌声も透き通るような透明感がある。サビの入りもこの上なくかっこいい。久しぶりにドンピシャな楽曲に出会ったな…と個人的に感じました。完全にやられた。気がつけばKing GnuのほかのMVも繰り返し見るようになっていた。King Gnuとんでもねえ。あと井口さんの歌声半端ねえ。

 

歌詞解釈

前提として、すべて私の個人的な解釈です。聴いた人それぞれに解釈があるだろうし、私の解釈を押し付けるつもりもさらさらない、ということをご理解ください。

 

先述の通り、この曲は「生きる罪」を歌った曲であるように感じます。そして全てが現実的。理想論ではなく、心を抉るような、そんな厳しさを持つ楽曲。でも何回でも聴いてしまう。

時には誰かを
知らず知らずのうちに
傷つけてしまったり
失ったりして初めて
犯した罪を知る

King Gnu 『白日』 作詞 常田大希

美しいファルセットで始まるAメロ。無自覚のうちに人は誰かを傷つけてしまうもの。そして傷つけた後に自らの罪を悔いるものです。俗に言う「生きる罪」というもの。ただ生きているだけで、ほかの誰かを苦しめてしまう。そのどうしようもない罪悪感。

戻れないよ、昔のようには
煌めいて見えたとしても
明日へと歩き出さなきゃ
雪が降り頻ろうとも

King Gnu 『白日』 作詞 常田大希

「戻れないよ、昔のようには」。ここではある明確な、誰かを傷つけてしまった出来事が存在しています。それは殺人かもしれないし、もっと俗的に捉えると恋人との別れ、喧嘩、そんなものかもしれない。とにかく、自分の存在のせいで誰かを苦しめてしまった出来事。

でも、いくらそれ以前の人生に戻りたいと願おうと、そんなことはできるはずもない。そして一度その罪の意識を背負ってしまった以上、それ以後の人生はその苦しみを背負い続けなければならない。それでも前を向くしかない。

悲しいほどに非情な歌詞です。でもそれが現実。Aメロではそのどうしようもない事実が突きつけられます。

 

今の僕には
何ができるの?
何になれるの?
誰かのために生きるなら
正しいことばかり
言ってらんないよな

どこかの街で
また出逢えたら
僕の名前を
覚えていますか?
その頃にはきっと
春風が吹くだろう

King Gnu 『白日』 作詞 常田大希

一気に出来事が具体化します。

先ほどまでの井口さんのパートと異なり、ここでは常田さんの力強い声を中心に歌い上げられることで場面転換が印象付けられているように感じます。

誰かを傷つけてしまった「今の僕」。こんな自分なんて存在に、一体何ができるのか。

ここでいう「正しいこと」というのは、例えば「嘘をつかない」ことであったり、「自分に正直に生きる」ことであったりといった、世間一般的に見た「正しいこと」。でもそれは必ずしも、他人を傷つけないものであるとは限らない。誰かを傷つけずに生きるためには、正しいことばかりなんて言ってられない。

「どこかの街でまた出会えたら」。

「また」とある事から、今はその人物と離れ離れであることがわかります。誰かを傷つけた出来事をきっかけに、その人物と疎遠になっているのでしょう。

僕の名前を忘れてしまうくらい、長い時間を経て、もしまた出会えたら。名前を忘れるくらいですから、自分が傷つけてしまった出来事なんてものは当然忘れられているでしょう。そうしてもしもまた、まっさらな状態で出会うことができたなら、罪なんか忘れてその出会いを楽しむことができるでしょう。「その頃にはきっと春風が吹くだろう」。

単純に現在の季節が冬で、再会できるのは春だろう、なんて捉え方もできますが、そんな短期間で名前を忘れられるとは考えにくいので、ここでは精神的に苦しい期間が「冬」でありその罪から解放されるのが「春」として描かれているのだと思います。

もし全てを忘れてもう一度出会えたら、その頃にはきっと、この罪の意識も消え去っているだろう。そんな希望が描かれています。

 

真っ新に生まれ変わって
人生一から始めようが
へばりついて離れない
地続きの今を歩いているんだ

真っ白に全てさよなら
降りしきる雪よ
全てを包み込んでくれ
今日だけは
全てを隠してくれ

King Gnu 『白日』 作詞 常田大希

サビです。ここでここまでずっとファルセットだった井口さんがチェストボイスに。それだけで何故か鳥肌が立ちます。歌詞も前半部分からなかなかに強烈。

もし真っ新な状態で人生をやり直すことが出来ようが、その人生で「今」という現実から逃れることなんてできない。例え今背負っている罪から逃れることが出来ようとも、またそこで「今」という現実を背負うことになる。この類の歌詞でよくある「人生をやり直す」という願望に現実を突きつけます。そんなもの解決になんかならないと。

そして後半部分は、そんな現実を踏まえた切実な願い。先ほどの季節の話を踏まえれば、歌っている「今」は雪が降りしきるほどの真冬。春の兆しも見えないような、罪の意識の真ん中にいる状態でしょう。当然出来事を完全に忘れることなんてできるはずがないし、生まれ変わりなんて望んでも仕方がない。現実を見つめて前に進むしかない。雪が降り頻ろうとも。

でもそんな中で一つだけ願うとするならば、それは今この瞬間だけでも、その罪を忘れることでしょう。真っ白に、全てさよならして、今日だけは全てを忘れさせてほしい。この状況の中で望むことのできるもっとも切実な願い。

 

「冬」という状況を苦しい精神状態の描写として使う一方で、「降りしきる雪よ すべてを包み込んでくれ」と、穢れのない真っ新なものの象徴としても「雪」、「冬」というものを捉えているところが見事というか、美しい歌詞だなあと感じます。

 


 

2番のAメロの入りも印象的で素晴らしいんですが、2番のAメロはちょっと省略。

 

いつものように笑ってたんだ
分かり合えると思ってたんだ
曖昧なサインを見落として
途方のない間違い探し

季節を越えて
また出逢えたら
君の名前を
呼んでもいいかな
その頃にはきっと
春風が吹くだろう

King Gnu 『白日』 作詞 常田大希

2番のBメロ。1番からさらに具体化されています。

知らず知らずのうちに誰かを傷つけ、失った。その状況について描写されています。

「曖昧なサインを見落として 途方のない間違い探し」。相手が何か思いを発しようとしたサインを見落としてしまって、そこから考え方がずれていってしまった。相手の考えが読み取れなくなっていって、今考えるとどこからずれていたのか、一つ一つ記憶の中で照らし合わせていくしかない。「間違い探し」という表現が美しい比喩だな…とつくづく思います。

後半は1番のBメロ同様。今は会うこともないし、呼ぶこともない君の名前。もっと言えば、相手を傷つけた出来事以降名前を呼ぶこともはばかられたのかもしれない。それをもし、またどこかで呼んでもいい時が来るのであれば。その頃にはきっと。

ここでの「季節を超えて」は当然時間の流れであり、精神状態の変化でもあります。

そういえばこの曲、「冬」って言葉は1回も出てこないんですね…

 

2番のサビは1番と同様なので省略させていただきます。サビ終わりの「忘れさせてくれよ」の心に突き刺さる感じは何物にも形容しがたい。クライマックスでもいいくらい魅力的なのに、そこからさらに魅力的な展開が続くから恐ろしいです。

 


 

朝目覚めたら
どっかの誰かに
なってやしないかな
なれやしないよな
聞き流してくれ

King Gnu 『白日』 作詞 常田大希

2番サビ後のCメロ。唐突な展開ですが、最後に「聞き流してくれ」と添えてあります。1つ願望が心に浮かんで来て、言葉にはしてみたものの、そんなこと有り得ないと搔き消す。そんな思考の流れがここに打ち込まれていて、とてつもなく効果的というか、非常に印象的です。ここまでずっと断定口調というか、主人公の中に明確な意思というもがあってそれに沿った歌詞になっている、という印象を受けたんですが、ここの歌詞があることで一気に主人公に人間味が増しているような。私たちに寄り添ってくれるような感じがします。

「朝目覚めたらどっかの誰かになってやしないかな」。そんな「君の名は。」的な展開が起これば、「今」という時間の流れからは逃れられないにしろ、自分の犯した罪の意識なんてものからは逃避できるのに。真っ新に生まれ変わっても人生を作り上げるのは自分だけれど、どっかの誰かになれれば誰かが作った人生の上で暮らすことができるのに。そう思ってはみるものの、そんなこと起こり得ない。聞き流してくれ。そんな取り留めもない願望が描かれています。

 

忙しない日常の中で
歳だけを重ねた
その向こう側に
待ち受けるのは
天国か地獄か

King Gnu 『白日』 作詞 常田大希

先ほどの歌詞の続き。

「歳だけを重ねた」。何かこれといって徳を積んで来たわけでもなく、ただ日常を過ごして歳だけを重ねてきた。「その先に待ち受けるのは天国か地獄か」。

この焦りというか、自分の人生に自信が持てなかったが故に先ほどの「朝目覚めたらどっかの誰かになってやしないかな」という突発的な願望が生まれたように思います。そうであるならば、生まれ変わりは望まないけど他の誰かに成り替わることは望んでいることに説明がつく。

 

いつだって人は鈍感だもの
わかりゃしないんだ肚の中
それでも愛し愛され
生きて行くのが定めと知って

後悔ばかりの人生だ
取り返しのつかない過ちの
一つや二つくらい
誰にでもあるよな
そんなんもんだろう
うんざりするよ

King Gnu 『白日』 作詞 常田大希

ラスサビへと続くパート。ある種、この世界の現実に対する諦めのようなものを感じさせます。ここが一番痛切で、心臓を抉るような破壊力がある部分。

相手が心の底で何を思ってるかなんてわかりゃしないのに、それを知った上で愛し愛されて生きていくしかない。心の奥底を知れもしないのに、相手を愛さなければならない。傷つけたり失ったりしないように。理不尽だけれど、それでも。

知らず知らず相手を傷つけるのが人間なんだから、誰にでも取り返しのつかない過ちくらいある。でも人間である以上それはどうしようもない。そんな、鈍感で相手のことをわかっちゃいない、知らず知らずのうちに他人を傷つけてしまう、どうしようもない「人間」という存在に対し、「うんざりするよ」と吐き捨てています。ここがめちゃめちゃゾッとする、というか、心が共鳴するというか。

そしてここからラスサビに入るんですが、ここまでくるとサビの歌詞がこれまで以上に突き刺さります。

 

真っ白に全てさよなら
降りしきる雪よ
全てを包み込んでくれ
今日だけは
全てを隠してくれ

King Gnu 『白日』 作詞 常田大希

「人間」というもののあり方に諦めを感じているわけですから、生まれ変わりも当然意味をなさない。また同じ過ちを繰り返すだけだから。その上で、ただ全てを覆い隠してほしい。そうすれば、この世に生まれてしまった中で自分の存在が許されるような気がするから。

 

まとめ

「白日」という言葉には、「やましいことのない例え」という意味があります。今日だけは、何もない真っ新な自分でいさせてほしい。そんな切実な願いの込められた、King Gnuの傑作『白日』。今後も多くの人を魅了し、傷つけ、慰めてくれる一曲であり続けるだろうと確信しています。

 

 「白日」は配信限定楽曲です。

ご購入はこちらから

 

白日

白日

  • King Gnu
  • オルタナティブ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

終わります!

オススメ記事はこちら

【歌詞解釈】King Gnu『Slumberland』感想と歌詞解釈!社会を揶揄する衝撃作 - やせっぽち寄稿文