やせっぽち寄稿文

主に邦楽関連の記事を扱っております。

f:id:zz-1:20190814032053p:image

【世界の終わり/幻の命】10周年を迎えたSEKAI NO OWARIの始まりについて。

2020年2月10日、バンド・SEKAI NO OWARIがデビュー10周年を迎えた。ロックミュージック、エンターテイメント、そしてファンタジー。バンドの根幹が変わらないために絶えず変化を求め続けた彼らの音楽は、まっすぐに私たちの心に届き、感動と衝撃と勇気と希望…

【ブログ】月間5万PV達成!しかし読まれた記事は… 12月~1月活動報告

どうも、骨助です。 12月・1月は過去最高となる月間5万アクセスを達成いたしまして、ブログ的にはそこそこ満足のいく2か月間となりました!しかしちょっと複雑だったのが、主に読まれた記事が邦楽関係の記事じゃないんですよね…(汗)この記事ではそんな2か月…

今だからこそ『サイレントマジョリティー』と平手友梨奈について語りたい。

2020年1月23日、平手友梨奈の欅坂46脱退が発表された。何の前触れもない、突然の発表だった。”次のシングルの活動をもってのグループ卒業” なんかではなく、”この発表をもってのグループ脱退”。正直ファンにとって受け入れられる話など一つもないし、これか…

【King Gnu/小さな惑星】歌詞の意味を考察! 世界が少しだけ愛しく思える名曲

King Gnu『小さな惑星』。 Honda VEZEL CMソングに起用されている、アルバム『CEREMONY』収録曲です。 小さな惑星 King Gnu オルタナティブ ¥255 provided courtesy of iTunes 冷たい風が吹き付ける世の中だけど、あなたがいればそれも悪くないよな。自然と…

【King Gnu/どろん】歌詞の意味を考察! 拡大するネット社会の闇と愛情への不安。

King Gnu『どろん』。 ALBUM『CEREMONY』収録の、ネット社会での愛を歌った超現代的ラブソングです。映画『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』主題歌として大きな注目を集めています。目まぐるしく乱高下する爆速のメロディはもはや圧巻の一言。 …

 

f:id:zz-1:20190814211901p:plain
f:id:zz-1:20190814212429p:plain
おすすめ記事一覧

【天気の子】主題歌の考察まとめ

【King Gnu/Teenager Forever】最高にイタくてカッコいい最新曲

【乃木坂46/シンクロニシティ】レコ大受賞の名曲を考察

ブロガー向けの記事はこちら


新着記事